病気の予防

ナース

新型うつ病を発症する方が増えてきていますが、普段から予防に取り組むことで簡単に対策することができます。まず、普段の生活に軽い運動を取り入れる用にしましょう。新型うつ病を発症する方の多くが、昼夜逆転などで生活習慣が乱れています。自律神経のリズムも乱れるので、病気のリスクが高まってしまうのです。基本的に適度な運動をすることで自律神経のリズムを整えることができるでしょう。また、軽い有酸素運動は神経成長ホルモンなどの分泌を促すことができます。特にセトロニンの分泌量が減ると、病気の症状が悪化してしまうので気をつけましょう。近年、テレビやパソコン、スマートフォンなど身体を動かさずに楽しむことができる娯楽が増えてきているのが運動不足の原因とされています。毎日決まった時間に、決まった量の運動を行うことで生活習慣を整えることができるでしょう。通勤手段として自転車や徒歩を取り入れるのも有効です。運動不足になると、自律神経の切り替えが難しくなるので、交感神経が働かなくなります。基本的に運動不足が原因となり、セトロニンの分泌が減ってしまうのです。新型うつ病の患者の多くが運動不足と言われているので、気をつけるようにしましょう。また、病気の予防には質の良い睡眠が欠かせませんが、運動不足の場合は質の良い睡眠が取りにくいといったデメリットがあります。日中に身体を動かして体温を上げることで、適度な疲労感を得ることができるのです。適度な疲労感は質の良い睡眠には欠かせません。日中に身体を動かして体温を上げることで、睡眠と覚醒を繰り返すリズムを取ることができます。しかし、日中に体温が上がらないと、昼夜のリズムが乱れ、日中でも眠くなってしまうのです。基本的に体内リズムを整えることで眠気や疲労感、苛々などの不調を解消することができます。ストレスを解消することができるので、新型うつ病の予防に役立つのです。この病気の予防には3つのポイントがあります。それは起床と就寝、食事です。起床に関しては、毎日決まった時間に起きるようにします。毎日同じ時間に起床することが、1日のリズムを整えるのに大切なのです。また、就寝は夜の12時までには入眠できるように心掛けましょう。10時から12時までの間に寝るようにするのがベストと言われています。そして、食事ですが、新型うつ病の予防には栄養バランスの取れた食事が欠かせません。また、3食必ず食べるようにしましょう。朝昼晩と3食必ず食事を取ることで生活習慣を整えることができるのです。そして、栄養バランスにも拘る必要があります。基本的に脂っこい食事など、栄養バランスの偏った食事は避けるようにしましょう。また、昼寝を取る方もいますが、昼寝は1時間以内に留めるのがポイントです。昼寝の時間を取りすぎてしまうと夜に眠れなくなってしまう可能性が高まります。